ロングロウ LONGROW 1998-2011 13yo OB for Shinanoya #286 57.1%

Share Button

 

 

LONGROW 1998-2011 13yo OB for Shinanoya #286 57.1%
Matured in:Port Hogshead
Cask No.286
one of 276 bottles

・香り:
カラメル、黒糖、濃厚な甘いアロマがしっかり、紅茶、少しダシ醤油っぽいサルファリー、
焦がし麦、しっかりピーティでスモーキー、アーシー、少し若いニュアンスもあるが重厚

・味わい:
濃厚でまったりした甘味が前面、少しオイリー、煮詰まったアプリコットティー、高度数らしいスパイシー、
重くしっとりしたモルティ&ピーティ、飲むとサルファリーは気にならない、
スプリングバンクっぽいブリニーもある、複雑ではないがボディは厚く飲み応えがある

・余韻:
まったりした甘味、ダシと重くしっとりしたピーテッドモルトのニュアンスが最後まで残る

・加水:
よりアプリコットティーのニュアンスが強まる、崩れない、かなり加水してもしっかりまったり甘く飲み応えも保たれる

・総評:
若干のサルファリーはあるが、飲むとほとんど気にならない程度で、香りも時間と共に和らぐ。
個人的にはダシ醤油を感じるものは特に苦手なのだが、これは許容範囲内。
まったり甘くアーシーで重厚。甘味は濃厚だがワイン樽ものにあるベタッとしたしつこい甘味に至る手前でおさまっている。
13年と若い割には完成度が高く、樽に負けないロングロウの味も感じられ旨いモルトだと思う。CPも高い。

【Good/Very Good】

 




トップページに戻る

What Others Are Saying

  1. admin 10月 6, 2011 at 12:27 PM

    ポート、ラムカスクも積極的に使ってきた蒸溜所が、今回は組み直しのポートにロングロウを詰めたというのは面白いです。

    伝統的な硫黄処理はそのままでも、組み直しによって樽負けしない丁度いい濃度を得たとすると今後も楽しみ。本数もこのぐらいあると安心感があります。

    確か94蒸溜の11年熟成では、リフィルシェリーでかなりヨード質が出ていましたが、本ボトルは樽質のせいかサルファな部分とのぶつかりのせいか、殆ど拾うことができませんでした。

    ロングロウがアイラ寄りのピーテッドではなく、若干土っぽく、往年のハイランド・スペイサイドを彷彿とさせる存在になってくれると、個人的にもとても嬉しいです。

  2. T.M. 10月 9, 2011 at 12:48 AM

    しばらく家を空けていたのでお返事が遅れました。

    ピーテッドブームのなか、先日のアードモアも含めアイラ以外のピーテッドものが結構でてますが、個性の違いを比べる楽しみは思いのほか大きいですね。

    余談ですが、今年出たケイデン・ダッシーズのロングロウがまさにダシ醤油のようなサルファリーが全開で、大概のものは美味しくいただける私ですが、ひさびさにいただけないと感じたモルトでした。苦手な成分には敏感なのか、このボトルにも共通のものを感じてしまうのですが、重厚なその他の成分が樽のオフフレーバーを凌駕しており今後に十分期待できる仕上がりでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)