Whiskyfunによる Glen Grant 59 yo 1952 (49.2%, G&M for LMDW, Book of Kells, refill hogshead, cask #1134) テイスティングノートを受けて

Share Button


Whiskyfunにグラント52/11についてのテイスティングノートが掲載されました。

http://www.whiskyfun.com/#190112

一文をご紹介。


What no artificial ageing process will ever achieve !

[拙訳:人工的な熟成が成し遂げない境地というのは、なんて偉大なんだ!]


ごもっともな意見。国は違えど、ウイスキー好きの(タイムリーな)実感というものは変わらないものなんだと再認識します。

しかし記事は完全ブラインドであるとしながら、解答発表後じゃないとおよそわからないだろうというコメントも、一緒に文章化されていますね。

当サイトには、このあたり明らかに判別できるよう、今後もカテゴリーを分けて掲載したほうがいいなと思いました。

自分は、自分で購入した手前ブラインドで飲んでいないわけですが、上記の一点を持っても昨年最も感銘を受けたボトルといえます。

ただもう一点、シェリーじゃないことが、ブラインドでより点数に表れやすいということでしょう。後熟してみたらどうなったのかも気になります。

しかし11月のサイクルモード打ち上げ、12月にT.M.氏の会に持って行って、多くの人とも一緒に飲むことができたのが本当に何よりでした。

【当サイト記事】http://www.whiskylink.com/?p=13029


また、Springbank 16 yo 1993/2009 (58.9%, The Bottlers, refill sherry hogshead, cask #180) に「石鹸」があるというにわかに信じられないコメントと74点というスコアリングも見つけました。うーむ。フェイク作成するには価値がなく、状態変化でそれが出るのは考えられないです。(もしや小分け容器由来なのか。。。?)

この件は意見が違うというレベルではなく戸惑いますが(スコモル流通で国内に相当本数出回ったので、考えられないという意見の方も多いはず)、ちょっとまた近日飲み直します。このボトルに関しては石鹸なんてないと思うんですけどね。。。

【USUKEBA時代の記事】http://blog87.usukeba.com/e62898.html




トップページに戻る

What Others Are Saying

  1. kssi 1月 20, 2012 at 5:35 PM

    ザボトラーズ16年のシェリー樽の方は抜群に旨く、
    僕も過日ウイスキーファンの評価・点数を読んで、
    おかしいなと思っていました。

    管理人さん御指摘通り
    「意見が違うというレベルではない」、
    と思います。

    ただし残念ながら僕は、
    バーボン樽の16年しか所有していないので、
    再確認できません。

    管理人さん、再確認後のレポート
    よろしくお願いいたします。

  2. T.M. 1月 20, 2012 at 6:14 PM

    グラントは、長熟の素晴らしさがぎっしり詰まっているのに過熟さを感じず、素晴らしい出来でした。科学では解明できないような奇跡的な熟成を経たのでしょうね。
    わざわざ自宅まで持ってきていただき本当にありがとうございました。

    私もバンクの件は驚いておりました。
    石鹸やらサルファリーやら、オフフレーバーの記載がかなり多かったですが、自分の印象としても最近のシェリー樽熟成のものとしては驚くほど良いものでした。

    開栓から無くなるまでしっかり飲みましたが、そんなオフフレーバーが顔を出す瞬間はありませんでしたけどねぇ。

    キャンベルのボウモアにもパフュがあるものが実在したように、いろんな蒸留所のボトルをリリースするボトラーズのボトリングの際に生じる、前に詰めたウイスキーの影響が残ったボトルが存在しているのかもしれませんね。

  3. admin 1月 21, 2012 at 1:22 PM

    コメントありがとうございます!

    そうですよね~。特にボトラーズ、シェリー表記の93バンクは全く「石鹸」要素は感じられないので、なにかボトリング過程の偏りがそうしたのか、なんとも解せないです。

    幸いまだ残があるので、石鹸が起こりえるかどうかという観点で再度レポートさせていただこうと思います!

  4. Blairfindy1号2号 1月 22, 2012 at 10:23 PM

    Springbank のWhiskyfun での一件は存じておりますが、石鹸臭いというのも74点というのも一寸理解に苦しみます。因みに、この記事のG. Grant はWhiskyfun では92点だったと思います。
    タケモト様は、これに100点なんて付けておられますが、ここで素朴な疑問を呈したいと存じます、そもそも、100点なんて付けて良いものなのでしょうか…?
    ワイン評論家R.P. 氏は彼方此方で100点を乱発気味ですが、一方で敢て100点は出さないという評論家もいます。私は後者に共感します。
    このGrant の場合、「点数評価という世界を超えているので、点数は付けない」というのでも敬服は伝わるのではないでしょうか?
    ワインでもウィスキーでも同じ事が言えますが、時及び自然という、人の力を遥かに超えたものがあってこそ、本当の熟成はなされ得るのです。人が出来るのはその熟成の環境を整えてアシストする事のみです。人の手でコントロールできない世界の産物だからこそ、敬服に値する程奇跡的で偉大な物に昇華し得るのでしょう。

  5. admin 1月 23, 2012 at 12:21 AM

    自分は100点ボトルは何本もありますよ。非常に個性的で、自らの想像を超えるレベルであると、率直に満点がつけられます。

    考え方だと思いますが、嫌な要素がなく、飛び抜けて美味しければいいんじゃないでしょうか。学校のテストである一定の努力を100点として評価するのと同じです。

    まぁご意見としては賜りますが、人それぞれでしょうし、他の著名な方の考えに迎合するという性格ではないのかもしれませんね。ウイスキー好きすぎるんで^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)