スプリングバンク Spring Bank 17yo 1993/2010 (55.8%, HART BROTHERS, Finest Collection,70cl)

Share Button

タケモトカツヒコ

タケモトカツヒコ

[opentasting]


タケモトカツヒコ (プロフィール


【スコア】BAR飲みのため非公開


【ファースト】:上面発香素晴らしい イチゴジャム(+) マスカットの酸味 梨 マスカットの皮の程良い渋み 時間と共にミルクティーからココナッツミルク   

【ミドル】:ボディはエッジが立っている 練乳(+) やはりマスカット系のブドウ アルコール感しっかり 干し草のような麦感 海藻

【フィニッシュ】:返り・鼻抜け共に十分 辛味 オイリーさ ホワイトペッパー ミント 余韻を感じているとある地点でドライに切れ上がる 塩


(2010年9月14日)ハートブラザース渾身の一撃になったことでしょう。1993年蒸溜17年熟成のスプリングバンク。

昨年末~年初のボトラーズ(社名)による濃厚シェリー詰め1993/2009が「青アザミ」ならば、本ハートブラザースこそが「赤アザミ」を名乗るにふさわしい出来。93の風はキンタイア半島にも届いていたようです。

1972年のオフィシャルプライベートボトルを彷彿とさせる、色味こそややライトな琥珀でありながら(それにしても宣材写真はイエロー過ぎてマイナスに作用したのでは。。。)、期待を裏切らない「イチゴジャム」、ボディのエッジ、練乳系の甘さ。

ハートブラザースといえば、最近1957/1988のボウモアをあちこちに持参するほどそのクオリティの高さに感心していましたが、

その名前の通り、長男イアン、次男アリステア、三男ドナルド、三兄弟により運営されてきた企業。現在はホワイト&マッカイにてブレンダーの経歴を持つ次男のアリステアが責任者を務めています。

当初南アフリカ産のワインをスコットランドへ輸入する事業が中心でありましたが、1988年長男の引退を契機にシングルモルトウイスキーを主力に据え現在に至ります。




トップページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)